■法律の悩み無料相談センター総合トップ■
遺産相続の無料相談実施中!
 遺産相続相談センター
【オススメ!】 絵で見るパスポート手続き
パスポート取得方法がわかりやすく絵で解説されています!
遺産相続の無料相談実施中

ようこそ ゲスト さん

コンテンツメニュー
トップページへ
近くの専門家を探す
見積の一覧を見る
相談の一覧を見る

マイページにログイン

はじめての方へ
当サイトについて

専門家無料登録



専門家紹介
梅澤行政書士事務所【新潟県】
梅澤行政書士事務所【新潟県】


新着の専門家(最新5件)
会社・個人事業名
行政書士Kanaya
螢譽ぅ
行政書士ヤマダ綜合事務所
井上聡行政書士事務所
橘高寛行政書士事務所
>>専門家一覧を見る


新着情報
2006/04/13 実務家のためのソーシャルネットワーク


無料相談室 この相談をウォッチリストに追加

相談一覧を見る 相談をする ウォッチリスト


この相談に投票できます
投票総数:1
「役に立った!」と投票された数:1
「感動した!」と投票された数:0
「その後が気になる」と投票された数:0
ウォッチリストに登録された数:0



登録済みの方はログインして回答して下さい。    初めての方はそのまま回答できます。→回答する
■ 相続の件について
さつき
投稿:2008年08月20日11:08:10
締切:2008年08月27日
回答受付数:10回
私は数ヶ月前に結婚式を挙げました。籍はまだ入れていません。これから籍を入れるのですが、相続について心配になりご相談させていただきました。

家族構成:(彼)→父、母、姉、彼 (私)→父、母、姉、私

彼の父は他県生まれの会社員で現在は彼の母の実家に住んでいます。彼の姉は独身です。私の父は会社経営をしています。土地や財産もある程度所有しています。結婚相手の彼は父の会社の社員です。私の姉は会社経営する人と婚約中です。

私は次女で、彼は長男なので彼の家に嫁ぐのが当然、と彼の実家は考えています。彼もそうです。私の実家は、姉は嫁ぐであろうと考え、社員である彼を見込んでいるのもあり、彼を婿養子にしたいと思っています。また、お墓を守る人がいなくなるのを懸念しています。

私はやはり父の会社を、彼と二人でこれから大きくしたいと思っています。

この場合、やはり彼が婿養子に入った方がよいのでしょうか?それとも私が嫁ぎ、相続が必要になったとき、私か彼か私たちの子供(いれば)が養子として、私の家に入ることができるのでしょうか。

知識がないので的外れな質問でしたらお許しください。
よろしくお願い致します。


−− 回答一覧 −−




■回答について
 回答はご相談投稿という事実の一側面を拝見しての回答となります。回答者により見解が異なったり、具体的に相談を受けた場合は異なる結果となる場合もございます。回答から発生する損害に関して、回答者・サイト運営者は一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
具体的な相談、手続きは各専門家へ直接ご依頼下さい。


行政書士 近藤玲子法務事務所様  専門家 2008年08月20日15:25:07
さつき様
こんにちは
行政書士の近藤玲子と申します。

まずはさつき様ご結婚おめでとうございます。

さつき様が入籍されてご主人の姓を名乗ることになっても、ご自分の身内(両親など)からの
相続権は無くなりませんのでご安心くださいね。
そして
墓・法要などはさつき様ご夫婦でなされば
婿養子にならなくても
問題ないでしょう。
さつき様のご実家では会社をゆくゆくはさつき様ご夫婦に委ねたいということですよね。こちらも
会社の事業承継の問題ですので婿養子にならなくても
生前贈与などの形でできますし、さらにご両親さまが遺言で跡継ぎをはっきりとさせた旨の内容で残されればさほど問題にはならないかと思います。(問題とすれば税金対策でしょうか)

一番の焦点はやはり、「家の名」ですね。

こちらは、やはり孫の代で継がせるという例も少なくないですので、長い目で考えていってもよいのではと思います。ただ さつき様のご両親が将来のことを心配されるのは当然のことだと思います。ご主人にはぜひ
そうしたさつき様のご両親のお気持ちだけは今回を機に
心に留めてほしいところですよね。

お幸せな結婚生活をSTARTされることを祈っております。

また何かありましたらささいなことでも
かまいませんのでどうぞご相談くださいませ。
相談者から評価されました。
評価:★★★★★
コメント:
近藤先生
ありがとうございます。
両親の気持ちも含め今後の事を彼にも相談していきたいと思います。


中嶋行政書士事務所様  専門家 2008年08月20日12:22:23
さつき様
行政書士の中嶋政彦と申します。ご質問の件についてご回答いたします。

 さつき様のご実家のご両親としては、娘さんお二人が嫁いで結婚相手の氏を名乗るようになると、ご実家の氏が途絶えてしまうことが心配なのだと思います。
 会社を継ぐことやお墓を守ることは、婿養子にならなくてもできることですので、さつき様のご結婚相手が婿養子になる一番の理由は、この氏を継ぐことだと思います。
 その場合、氏の変わるご結婚相手が承知されるかが一番の問題で、仕事上の問題やご実家の問題(ご結婚相手のご実家の氏の問題)など、解決しなければならないことがたくさんあると思います。
 氏を継ぐ方法としては、ご結婚相手が養子に入るか、将来生まれたお子様が養子に入る方法が一般的です。養子になる手続はそれほど難しくありませんので、あまり早急に結論を出さずに、皆様と十分に話し合われることをお勧めいたします。

 別の方法として、さつき様が結婚した時にさつき様の姓を名乗る方法もあります。
 相続の点では、ご結婚相手が養子に入られると、さつき様のご両親の相続人となることが変わることです。
 
 ご質問などございましたら、ご連絡下さい。
相談者から評価されました。
評価:★★★★★
コメント:
中嶋先生
ありがとうございます。
両親にも説明し、安心してもらいたいと思います。
中嶋行政書士事務所様から評価の返信がありました。
評価:★★★★★
コメント:
さつき様、評価をしていただき、ありがとうございました。
氏のことや戸籍のことは人の一生に係ることですので、現在のことだけでなく、将来のことも良く考えて決めるようにした方がいいと思います。
何か質問などございましたら、ご連絡下さい。
よろしくお願いいたします。


北村國博法務行政書士事務所様  専門家 2008年08月20日12:07:13
さつき様

おはようございます。相談内容を拝見しました。大変重要な問題ですね。文面記載情報から当職の見解をコメントさせて戴きます。多少なりとも参考にして戴ければ幸いです。

■家族状況や全体の印象から観れば、本来の婚姻の目的とは別に、彼とあなたが会社を更に大きくすることが今後のお二人の目標の一つになると拝察します。

■折衷案として、彼が氏を変更せず(あなたの家に養子縁組で入るのでなくて)、あなたと婚姻し、住まいもあなたの家に拘らず、当面の間、夫婦二人の生活・居住環境を作ることを考えてみたらいかがですか。

彼の家の状況や姉の独身等の状況から、あなたがすんなり彼の家に入るのは大変だと思われます。さりとて、彼が長男であれば、彼の両親はあなたの家に養子縁組をすることに難色を示すでしょう。社員である彼を見込んだ両親のことも配慮し、双方のバランスを考慮した婚姻の在り方を模索し、双方の両親に提案したらいかがですか。大切なことは、お二人の結婚そのものに対する考え方です。両親に左右され過ぎて、二人の結束が乱れては婚姻関係はうまく成り立ちません。お二人が主導権を持って思う通りに進めることがある意味では当然の在り方です。

■相続の問題ですが、あなたが婚姻しても両親の子であることに変わりはありません。親の片方が死亡すれば、配偶者と姉妹二人に法定相続権があります。(彼が相続権を取得するには、あなたの両親死亡の前に養子縁組をする必要がありますが)

家のお墓等(祭祀)の承継は、大事な問題ですが、戸籍上の氏とは直接関係ありません。両親の年齢や健康等を考慮した場合、相続や家の継承を考えることが時期尚早であれば、時を経てその時期が来たときに再考されたらいかがでしょうか。養子縁組については、その時期に決断しても遅くないです。勿論、婚姻され、あなたと彼のお子さんが生まれてくれば、そのお子さんも養子縁組することができます。
相談者から評価されました。
評価:★★★★★
コメント:
北村先生
ありがとうございます。
両親の事を思うと不安になっていましたが、
一番大事なのは私たちの意思ですね。。
彼と相談し、じっくり考えていきたいと思います。


プライバシーポリシー | 利用規約・免責事項 |
Copyright 2005-2006 全国遺産相続相談センター All rights reserved.