■法律の悩み無料相談センター総合トップ■
遺産相続の無料相談実施中!
 遺産相続相談センター
【オススメ!】 絵で見るパスポート手続き
パスポート取得方法がわかりやすく絵で解説されています!
遺産相続の無料相談実施中

こんにちは、
中嶋行政書士事務所さん
[ 560 point ]

コンテンツメニュー
トップページへ
近くの専門家を探す
見積の一覧を見る
相談の一覧を見る

マイページにログイン

はじめての方へ
当サイトについて

専門家無料登録



専門家紹介
行政書士秦事務所【大阪府】
行政書士秦事務所【大阪府】


新着の専門家(最新5件)
会社・個人事業名
行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所 New!
群馬県の小林大栄行政書士・土地家屋調査士・測量設計事務所
若林功行政書士・土地家屋調査士事務所
行政書士 井内洋典 法務事務所
前川行政書士事務所
>>専門家一覧を見る


新着情報
2009/03/11 相談総合サイト


無料相談室 この相談をウォッチリストに追加

相談一覧を見る 相談をする ウォッチリスト


この相談に投票できます
投票総数:1
「役に立った!」と投票された数:1
「感動した!」と投票された数:0
「その後が気になる」と投票された数:0
ウォッチリストに登録された数:0



この相談に回答する
■ 義母の遺産相続
平井節三
投稿:2009年05月12日17:11:16
締切:2009年05月19日
回答受付数:10回
このたびはお世話になります。ご回答をお願いいたします。
今年義母が亡くなりました。相続者は義兄と私の家内である妹の2名です。義父は20年以上前に他界し,その後義兄が別居ではありますが義母を扶養しておりました。義母の遺産として,義母名義の土地約300坪(土地評価額は坪20万円くらいですが,建物が建っています。)と預貯金400万円および貴金属および書画骨董品が恐らく2000万円分くらいあると思われます。
遺産分割に関しては義兄が主導権を握り,預貯金の半分の200万円は既に支払われました。妹の方は,義母の思い出を取りたいということで,土地の相続分を放棄する代わりに義母の身に付けていた貴金属を取りたいと主張しています。しかし,義兄の方は、義母の貴金属類は義父の買ったものにしろ、その後の自分の扶養がなければ手放さずにはおれなかったはずなので,貴金属類はすべて自分に相続権があるといいます。土地に関しては,不要な建物の取り壊し費用等を考えると,この不況下容易には売れないので放棄分を貰っても±0かまたはマイナス価値しかないと主張します。したがって,土地は貰ってやる。貴金属類は形見分けとして一部を分けてやるといっています。妹(家内)の話では,生前貴金属類は全部妹にあげると言っていたようですが義兄はそんなことは聞いていないと言います。
ゝ膳擦亮臘イ垢襪茲Δ傍訴譴竜金属類および書画骨董品は義兄のものとみなされるのでしょうか?
仮にそうだとして,私としては大げさなことにはしたくないので落しどころとして,土地の相続は放棄する。書画骨董品も放棄する。しかし貴金属類は妹に優先権を与えて分配する。
のあたりで手打ちをしたいと考えているのですが,いかがでしょうか?
同意事項


−− 回答一覧 −−




■回答について
 回答はご相談投稿という事実の一側面を拝見しての回答となります。回答者により見解が異なったり、具体的に相談を受けた場合は異なる結果となる場合もございます。回答から発生する損害に関して、回答者・サイト運営者は一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
具体的な相談、手続きは各専門家へ直接ご依頼下さい。


ライフデザインコンサルタンツ・行政書士西山法務事務所様  専門家 2009年05月12日22:55:31
 はっきるいって、お兄さんの主張は、無茶苦茶です。
なぜむちゃくちゃかは、ご連絡いただきましたら明らかにします。 
 ご連絡ください。
相談者から評価されました。
評価:
コメント:
瞬時のご回答ありがとうございますですが,あまりに抽象的で,次の中島様からのご回答が割りと詳細なので躊躇してしまいます.


中嶋行政書士事務所様  専門家 2009年05月12日19:21:35
平井様
 行政書士の中嶋政彦と申します。ご質問の件についてご回答いたします。

 義理のお母様の相続は、遺言書が無く相続人が子供2名ということですので、法定相続分は2分の1ずつになります。したがって、平井様の奥様には相続財産の半分をもらう権利はあります。

 通常、相続手続としては、次のような手続で行われます。
 〜蠡該盪困寮い出し
 ∩蠡該盪困良床然曚猟敢
  ↓△侶覯未鯀蠡該盪彩槝燭砲泙箸瓩襦
 ち蠡蛙輿完で遺産分割協議
 キい侶覯未魄篁妻割協議書にまとめる。
 ι堝飴困療亠や預貯金の名義書換えなどの手続を行う。

 あとで問題とならないように、上記の ↓△呂ちんと行い、不公平の無いように財産の分割をすることをお勧めします。財産の評価など面倒と思われがちですが、貴金属は、質屋(大黒屋など)に評価してもらう方法もあります。

ご質問の,砲弔い
 お兄様の言い分では、お母様を扶養していたからということですが、そのような負担(寄与分と言います)も、どの程度負担していたのか明確にしてもらい、寄与分は相続財産から除いて分割するようにします。逆にお兄様がお母様から生前に財産をもらっている(特別受益と言います)場合には、その分は相続財産に加えて分割をします。

ご質問の△砲弔い
 分割方法は、相続人が相談して決めればいいことですので、どのようにしても構いません。しかし、ご指定の分け方では、不動産もお兄様が取られるので、かなりお兄様に有利かと思われますがいかがでしょうか。不動産も、土地の評価額(実売価格)、建物の撤去費用などきちんと調べ、財産としての評価をきちんとされた方がいいと思います。

 相続財産は決して少ない額ではありませんので、きちんと評価し、十分に話し合いをし、後悔の無いよう分割することをお勧めします。

 以上、ご質問の内容で分かる範囲でのご回答となりましたが、ご参考にしてください。
 ご質問などございましたら、ご連絡下さい。
 
■追記する : 書き忘れたことや訂正文などを追記することができます

相談者から評価されました。
評価:★★★★
コメント:
大変参考になりました.やはり評価をきちんとすることが大切なのですね.ありがとうございます.相談させます.
中嶋行政書士事務所様から評価の返信がありました。
評価:★★★★★
コメント:
平井様、評価をいただき、ありがとうございます。

遺産分割を含め相続手続は、いろいろやらなければならないことがあり大変ですが、お母様が残してくれた財産ですから、大切にし今後の遺族の方の生活に生かされるといいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。


プライバシーポリシー | 利用規約・免責事項 |
Copyright 2005-2006 全国遺産相続相談センター All rights reserved.